記事一覧

ロンドン・コレ 「ファッションイースト」の参加ブランドが決定

ブリティッシュ・ファッション・カウンシル(BFC)は、「トップショップ(TOPSHOP)」が支援する若手の合同ショー「ファッションイースト」の2014-15年秋冬シーズンの参加ブランドを発表した。選出されたブランドは、2月14〜18日に開催するロンドン・ファッション・ウィーク4日目の20時に、トップショップ・ショースペースでコレクションを披露する。

今季のアップカミング・デザイナーに選ばれたのは、ヘレン・ローレンスとルイーズ・アルソップ、3シーズン連続で選ばれたアシュリー・ウィリアムズだ。イギリスの女性誌「ステラ(Stella)」のチャーリー・ハリントン=ファッション・ディレクターは、「ヘレン・ローレンスはニットを得意とするほか、抜群の色彩感覚を持つデザイナー。ルイーズ・アルソップが表現するモダンな女性像は、今の時代感にぴったりとマッチする。彼女たちの今後が非常に楽しみ」と期待を寄せる。

「ファッションイースト」は2000年にスタート。これまで、「ガレス・ピュー」や「リチャード・ニコル」「ハウス・オブ・ホランド」「ロクサンダ・イリンチック」「ジョナサン・サンダース」「シモーネ・ロシャ」を輩出してきた。

ポップなプリントをのせた、ウェアラブルなデイリーウエアを得意とする。14年春夏コレクションでは、80年代を彷彿とさせるシルクシャツや、マイアミのリゾート地を思わせるスウィムウェア、アニメ「スポンジ・ボブ」のプリント柄をのせたアイテムなど、楽しさ溢れるコレクションだった。また、フロントローには彼女の親友、ピクシー・ゲルドルフやアレクサ・チャン、ハリー・スタイルズらが駆け付けた。自身の名前を掲げたファッションラインを持つほか、ジュエリーブランドの「ファンキーオフィッシュ(FunkyOffish」」も手掛けるアップカミング・デザイナー。

12年にセント・マーチン美術大学(以下、CSM)卒業後、チェルシー・カレッジ・オブ・アート&デザインでテキスタイルを学ぶ。CSMでのクラスメイトで現在「MAN」のデザイナーを務めるクレイグ・ディーンと、メンズのニットアイテムでコラボした経験を持つ。「Vマガジン」や「i-D」「Style.com」「英ヴォーグ」が期待を寄せる新米デザイナー。14年春夏コレクションは、パステルカラーで構成。ジグザグ模様のセーター×ミニ丈のデニムショーツ、PVCスカート×ニットパンツなどトレンドにもマッチ。

「ファッションイースト」初参加ブランド。グランジとトムボーイ・ファッションを掛け合わせて生み出した、アンドロジナスな雰囲気漂う最新コレクションで、「米ヴォーグ」や「伊ヴォーグ」「ガレージ」の注目ブランドに。

カラフルなアウターで吹雪も乗り切る 2019-20年秋冬ニューヨーク・ファッション・ウイーク

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpgアップロードファイル 10-4.jpg

2019-20年秋冬のニューヨーク・ファッション・ウイーク(以下、NYFW)が2月4〜13日に開催された。前回の春夏シーズンにはネオンカラーのアイテムがトレンドだったNYFWだが、来場者の間で着用率が高かったアイテムはカラフルなアウター。前回に引き続きネオンカラーや淡いパステルカラーが目を引いた。カラフルなアウターの種類はダウンジャケットやファーコート、トレンチーコートなどさまざまだが、特にボアジャケットが人気だったようだ。

 ファッションブログ「オール ザ プリティ バーズ(All The Pretty Birds)」を運営するタム・マクファーソン(Tamu McPherson)は、ニューヨークのタクシーのようなイエローカラーのダウンジャケットに、トレンドに浮上しているアニマルプリントのスカートを同系色でコーディネート。サックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE)のルーパル・パテル(Roopal Patel)=ファッション・ディレクターはビビッドなイエローのコーディネートにホットピンクのコートを合わせていた。

 NYFWも終盤の12日にはニューヨークを吹雪が襲ったが、この日もやはり防寒性もファッション性も手に入るカラフルなアウターは来場者の愛用アイテムだった。ブロガーのスージー・ロウ(Susie Lau)はフローラルプリントのワンピースに「コーチ(COACH)」のファージャケット合わせ、全体をパステルピンクで統一していた。

アクリスがアイコンバッグ『Ai』の新作キャンペーンをスタート

アップロードファイル 9-1.jpg

エレガントなデザインが人気のラグジュアリーブランド、Akris(アクリス)が8月1日から人気のバッグをフィーチャーしたキャンペーン『Ai ♡ Reversible(アイ・ラブ・リバーシブル)キャンペーン』をスタート!

このキャンペーンでは、2010年の登場以来、ガールズたちから『次に狙うitバッグ』として注目されてきたアクリスの『Ai(アイ)』の新作がお目見え。今作ではなんと、ひとつで6通りものデザインが楽しめるリバーシブルデザインを採用。どんな装い、気分の日にも対応してくれる、心強いバッグに仕上がっている。

8月31日までのキャンペーン期間中なら、全10色の中から裏と表のカラーを自由にチョイスできるサービスも実施。さらに、キャンペーンサイトからニュースレターに登録すれば、レッド×ベージュのリバーシブルがもらえる! いくつも欲しくなっちゃいそうな今回の新作コレクション。気になる人はぜひお店に足を運んでみて。

「ビズビム」を手掛けるキュビズムがカルチャー誌「サブシークエンス」を創刊

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpg

「ビズビム(VISVIM)」を手掛けるキュビズムは3月1日、雑誌「サブシークエンス(Subsequence)」を創刊する。2000部限定で価格は3800円。日本の他、世界各国の「ビズビム」直営店と一部セレクトショップで販売する。発行は年2回を予定し、発行に合わせてキャップやスエット、トートバッグなどのノベルティグッズも販売する。編集長は「ブルータス(BRUTUS)」(マガジンハウス)や「翼の王国」(ANA)などで編集、執筆を行っている井出幸亮が、アートディレクターは仁木順平が務める。

 「サブシークエンス」のタグラインは“Arts & Crafts for the Age of Eclectic(折衷時代のアーツ&クラフツ)”で、世代や性別、人種などに捉われることなく、世界中の工芸と文化にまつわるトピックを取り上げる。同誌の制作には中村ヒロキ「ビズビム」クリエイティブ・ディレクターをはじめ国内外のクリエイターが参加し、仕事を愛する職人が工芸品を作り上げるようなイメージの誌面作りを目指す。

 創刊号の特集は“自分だけの大切なもの”で、小説家の西加奈子やNY在住のアーティスト、リアン・シャプトン(Laenne Shapton)の愛用品を紹介する他、写真家で雑誌「インベントリー(INVENTORY)」編集長のライアン・ウィルムス(Ryan Willms)や木工作家の三谷龍二らのエッセイも収録する。

新ブロガーズ5人によるANAPシーン別コーディネイト

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

どこへ行くにもおしゃれしたい、だけどTPO別のアイテム探しにひと苦労……そんな悩めるナイロニスタにピッタリなのが、お手頃プライスで旬なフルコーデが手に入るANAP。NYLONブロガーに仲間入りしたばかりのフレッシュな5人、Lisa、Saki、Asami、Yua、Mihoがそれぞれのシチュエーションに沿ったセルフスタイリングを披露!

着こなしの幅がうんと広がるタイトスカートをベースにした、個性豊かな彼女達のルックはどれも必見。ナイロニスタの等身大スタイルからおしゃれのヒントを読み取って。

ストリートキッズをお手本にしたグッドガールスタイル
今年トレンドの千鳥格子柄ニットとグリーンのボトムスをチョイスしたLisa。「女の子らしいアイテムの組み合わせにストリートっぽいユルさを出したくて、タイトスカートを腰履き。丈をコントロールできるからひざ下レングスにしてみました」。

さらりと巻いたビッグロゴマフラーでカンタンにストリート感がUP!

スカートと対色のパープルのミニショルダーで色のメリハリを効かせて。

待ち合わせで意中の彼をドキリ♡とさせるレディのカラー使い
Sakiは女の子の魅力を最大限に引き出してくれる赤にフォーカス。「黒×赤はレディの鉄板カラー! ビジュー付きトップスとブーティでヴィヴィッドなスカートをオトナっぽく仕上げました。ヘアは甘さを加減してくれるハイパーポニーテールがオススメ♡」

リップは問答無用でレッド。厚く塗らずにクリアに仕上げるのがコツ。

小ぶりだけど存在感のあるバッグは身のこなしもエレガントに見せてくれる♪

異素材を覗かせたレイヤードテクで女友達と差を付けて
自慢のコーデは仲良しフレンズへ真っ先にお披露目したい☆ Asamiは今年人気のハイネックと秋らしいカラーリングがお気に入り。「腕と首もとにレースのカットソーを覗かせて、アクセサリーとはひと味違った華やかさを加えました」。

ラフなトップスの下に、レースのカットソーでさりげないアクセントを

フェミニンなコーデにハズしを効かせてくれるのはインソールスニーカー♪

柄×柄にヴィヴィッドなカラーワークでロックな夜を盛り上げて
ライヴハウスへ行くならインパクト重視というYuaは、ファンキーなトライアングル柄ニットにひと目惚れ。「合わせたのはベロアの質感と光沢がロックっぽいブルーのスカート。ラフさも出したくてチェックシャツを腰に巻いてみました。」

開演前のワクワク感が増すハート型のアイウェアもお気に入り!

ライヴ中は飛んだり踊ったりするから、流行のミニリュックが強い味方

絶妙な小物使いでマニッシュに魅せるニューパーティルック
“パーティ=ワンピース”というルールに捕われず、Mihoが選んだのはデイリーでも着れるチェックシャツ。「ハイウエストのスカートでタイトなシルエットを作るのがポイント。モノトーンカラーで全身を統一すればスマート&エレガントに完成♪」。

モノトーンコーデのアクセントはスタッズがクールな青のクラッチ♪

ヘキサグラムプリントのベレー帽&サイド三つ編みで後ろ姿に遊び心をプラス

ホイヤー01 クロノグラフ CAR2A5A.FT6044

アップロードファイル 6-1.jpg

この度ご紹介させて頂くのは、タグ・ホイヤーのスポーツコレクションの基幹モデルがこちらのカレラ キャリバー ホイヤー01クロノグラフです。
大型ステンレススチールケースはポリッシュ/サテン仕上げが施され、堂々とした45ミリのケースサイズとなります。

全面ではなくラグ部分のみにゴールド素材が使われているので、スーツスタイルにも合わせやすくラフにお使い頂けます!

ラバーストラップが標準仕様なので、これからの季節レジャーやアウトドアなど外に遊びに行かれる方にももってこいのモデルですね♪

定番モデルはもちろん、話題の新作モデルや限定モデルなど数多く取り揃えてお客様をお迎えしております。
是非この機会にお好みのアイテムを見つけてくださいね。

タグ・ホイヤー
カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ
品番: CAR2A5A.FT6044
ムーブメント:自動巻きクロノグラフ(自社製ムーブメントホイヤー01)
ケース:チタニウム製のモジュール式ケース
ベルト:ラバーストラップ
防水:100m防水
ケース径:45mm
価格:¥1,144,800-(税込)

女はみな愛している時計だから,それだけではない

カルティエの風船は皆よく知っているはずで、見識のあるブルーの宝石の冠と多くの細やかな細部のデザインが、深い影響を与えている。多くの有名人やスターが青い風船をかぶったことがあります。例えば、イギリスのケイト王妃、そして今は高級顔と呼ばれるコビビレなど。青い風船の熱さは私たちが知ることができるが、カルティエの別のシリーズBaronブラック(白風船)、あなたは知っていますか?
「Baron(風船)」は、腕時計の縦横形の形になった「Baron(風船)」が、4時位置に象眼されたきらきら光るダイヤを象徴し、表冠から表身まで、BaronブラックのCartierはいずれも円形で解釈している。カルティエの白風船は2014年に初登場し、当時発売された白い風船の時計は、見識のある4時の円ドリルのほか、2輪の輪をつけて、ドリルの連鎖をつけているところがある。今、新たに参加したメンバーは、一方でカルティエのクラシックなデザインを保持していますが、一方で、明るいダイヤモンドデザインは女子の流れのような目をして、ひそかに秋波を送ります。
今回のカルティエは、4つの白風船表を発売し、サイズ26ミリと30ミリに分けて、ピットと未着の穴をつけた。新モデルの風船は外観デザインを一新し、さらに多くの女性の要素を溶け込んで、目の前を明るくする。滑らかな外観デザインは華灯の下で人を魅惑的な姿にして、華光のきらきら光るダイヤモンドは腕の間に流れて、光り輝いていて、宝石の魅力と製表の神秘はこの空霊典雅な白い風船の腕時計の上で合流する。
真新しい風船の表殻は18 Kのバラ金で製造され、放光潤いをした後、金属の温潤な華やかな質感を見せ、女性に属する贅沢な魅力を演出しています。表の輪はもう2輪の輪をつけることではなくて、単輪のピップの設計は同様にきらきらして魅力的で、あなたの風格をこの瞬間に完璧に演繹させます。
表盤は砂細工で磨きをかけ、銀めっきの陽光線を飾り、太陽の下で漸変効果を呈することができる。この新白の風船はまた別のポイントがありますが、時には銀のローマの数字で表示されて、色の運用の上で上品な低調に見えて、全体の表のテーマのテーマにもっとぴったり合っています。剣形メッキの針を合わせ、女性の優雅さを一体にする。
表帯は半ブローの光の薄いグレーの皮の表帯を変えて、自然の裂け目で、視覚的な美しさに加えて、同時に着用者のために快適な着用体験をもたらす。
カルティエの経典のマークは革新的な時計の金を設計して、完璧にBaronブラックのCartier腕時計を演じて人の心を魅惑する一面を演じます。ダイヤの光を放つ腕時計は、優雅さと不羈の間を泳いで、一秒で女の心を打つ。この寒い冬に、BaronブラックのCartier腕時計が気軽にあなたの精緻なモダンを作って、優雅に冬を過ごしています。

カレラ キャリバー16 クロノグラフ 日本限定

アップロードファイル 4-1.jpg

皆さま こんにちは。
本当に寒い日が続いていますが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
ブラックの文字盤にゴールドのローマ数字が恰好いいですね。
よくアラビア数字よりローマ数字の方が良いという方が多かった中待望の新作ですね。
すっきりして見えたり、スタイリッシュに感じるおんではないでしょうか。
また、ブレスレットというところもビジネスにも使いやすく、普段使いもしやすいという万能さがありますね。

裏面はもちろんスケルトンになっており、自動巻きムーブメントをしっかり見る事ができます!
隠れた所に機械感を感じるのもやはり、男性にとりましては大切なところなのではないでしょうか。

ブラックの文字盤にゴールドのローマ数字が映えていますね!

なんと!

日本限定🇯🇵400本ですよー!早い者勝ちです!

是非店頭にてご試着くださいませ。
商品名:カレラ キャリバー16 クロノグラフ 日本限定
品番:CBK2113.BA0715
ムーブメント:自動巻きクロノグラフ (キャリバー16)
ケース:ステンレススティール
ベルト:ステンレススティール
防水:100m防水
サイズ:41mm
価格:¥523,800-(税込)

手塚治虫”生誕90周年”記念。スマートウォッチ「wena wrist」の限定モデルが登場

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

胸を熱くするヒーローがスマートウォッチに。

時間の管理はもちろん、スマホと連動してデータ管理などができる「スマートウォッチ」。日常生活を便利にするツールとしてだけでなく、スポーツやビジネスシーンなどでファッションアイテムとしても活躍するおしゃれなモデルが発売されています。

そんなスマートウォッチのなかから、マンガ界の巨匠・手塚治虫氏の生誕90周年を記念して作られた「wena×90」をご紹介。各モデル200本の数量限定での発売なので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチとして必要な機能がバンド部分に搭載されたスマートウォッチ「wena wrist」。wena×90はその限定モデルであり、手塚治虫氏「生誕90周年」を記念して作られた注目のスマートウォッチです。

デザインのモチーフは「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」。スタイリッシュなデザインはもちろん、伝統的な機械式時計と最新テクノロジーが融合したつくりが魅力です。

アトムがヘッドの表裏にデザインされた「鉄腕アトム」モデル。バンド部には、さりげなくアトムのシルエットが刻印されています。

また、機械式ムーブメントの搭載機であることを示す「AUTOMATIC」の文字に「ATOM」という文字が隠されているのもポイント。ファンにはたまらない遊び心あふれる逸品です。

マント姿の「ブラック・ジャック」がヘッドの表裏にデザインされた「ブラック・ジャック」モデル。ブラック・ジャックには蓄光加工が施されているのが特徴で、ブラック全体の本体が暗闇でさりげなく輝きます。

各モデル200本限定で発売される「wena×90」。アトムとブラックジャックのデザインが魅力的なのはもちろん、ハイブリッド型スマートウォッチwena wrist としての機能性も備えたおすすめの製品です。

HUBLOT宇汽船表経典融合シリーズ奥林斯基赤いセラミック初回限定版の腕時計

HUSTT 舶来表は明るい赤色 陶磁器を使用してシリーズ オリンギ 赤色 陶磁器 限定版 腕時計を融合させて、こ 時計を復活させます。赤色は情熱と生命力を象徴しており、フランス 有名な芸術家リチャード・オリンギ 首にBorn Wild Crocoule(天性 暴野 ワニ)という彫刻 作品がある。2004年に創作された彫刻作品は、鮮やかな赤を中心に、強烈な視覚的なインパクトを与えている。これにより、赤色はオリンギ 野生動物シリーズ 彫刻作品 シンボル的な要素となっている。

赤は忘れがたい矛盾 色である。それは往々にして2つ 対立 極端な感情を象徴していて、例えば愛と憎しみ、勇気と臆病、矜持と情熱。赤色 ように、腕時計も人々 強い感情を呼び起こすことができる。

宇宙時計は数月前に開催された2018年にバーゼル国際時計ジュエリー展に彩られ、新たなカラフルな陶磁器 材質を成功させ、新たなブランド精神を改めて示した。最初 構想から量産製造まで、こ 先進技術を身につけ、4年を経て研究開発を行った。こ 種 色 陶磁器は材質そ も と製作 流れ 面ですべて全面的に革新を得て、硬度 方面で伝統 陶磁器(伝統 陶磁器 1200 HV 2に比べて、そ 硬度は驚異的な1500 HV 1に達することができる)。中国 舶来表は高温高圧焼結技術を採用し、伝統的な焼制過程を放棄した。こ 完全自主的に開発された新技術は、宇舶表材質工房と開発部門が協力して開発し、陶磁器 材質 技術と美学観念 融合を示している。

世界的に有名な現代芸術家として、2017年からそ 角をはっきりさせたデザインスタイルが宇舶表に溶け込んできた。こ マークには、そ マーク的な立体多切面構造を与え、切面角度とエッジ 微妙な変化によって、腕間 芸術品といえる。こ 卓越した芸術家 シンボル的なスタイルを融合させ、立体感 ある滑らかなラインと放光工芸を優雅に融合させ、彫刻作品 魅力を彩る。

シリーズ 限定版は100枚限定である。こ 腕時計は直径45ミリで、宇舶表に開発された魔力赤セラミック素材を採用している。秒針、カウントダウン 時から、表 殻、表 輪から表を持って、いずれも明るい赤色を採用して、宇舶表とオリンギ 共通 きらきら輝く光が輝いています。時計 背中には、サファイア 鏡面を採用し、自動的に機軸を打つ機械 美しさを一望する。

黒いダイヤル腕時計レビューによる鋼のロレックスDaytona

ロレックスDaytona 116520は、その交換まで、2000年のデビューから、16年以上の間、私たちと一緒にいました。スチールデイトナは、ロレックスが頻繁に取得することは非常に困難なだけでなく、豪華なクロノグラフの間のアイコンを作った珍しい鳥ではありませんでした。私は数週間のために1つを持っていて、それを着ることを始めた後にあまり長くありませんでした。よく熟成しましたか。それはその魔法を保持しているか、その名声は、競争が毎年激しくなったので、それが警備員をダウンさせたことがありますか?私の心の質問の多く、私は答えを求めてオフに設定します。
あなたが友人を持っていない場合は、それがそのように滞在することを確認したい場合は、試してみて、ホテルのロビーの新しいものを満たすか、インターネット上で、すべての時間をすべてのモッキング。あるいは、公共の集まりでしばしばこれらの数字を学びて、それらを使用してください:6239、6240、6262、6269、16520、116520。これらのデイトナ引用のより多くはあります、しかし、これらはしばしば、まともな、楽しい人間をあなたの回りにあまりに多くの時間を費やすことから保つために十分でなければなりません。重点は、その参照について無知であることではなく、合計のダチのようにすべての時間の参照ですべてを呼び出すことではありません。
ロレックスは、少なくとも30年代からクロノグラフを生産しているが、デイトナの歴史は実際に50年代に遡ることができます。ロレックスがいくつかのクロノグラフを作ったとき、彼らは時折想像もつかずに「クロノグラフ」と名付けられましたその点では単なる夢。ロレックスは本当にあなたがこれらの追放されたモデルについて多くを知っていることを望んでいません- 1つのpre - daytonaクロノグラフがそうでなければ本当に全く詳細な歴史ページにあるだけでなく、彼らのプレスオンリーサイトの彼らのまだより詳細な歴史ページの1つでもありません。
要するに、あなたが知っていたいかもしれないいわゆる「PreDaytona」史は、コスモグラフ名ロレックスが1955年という早い時期に登録されていて、1961年に導入されたリファレンス6238(いくつかの源は1963年を言う)であったという事実ですそれについていけ。ロレックスが知ってほしいと思うものは、1963年からのロレックスコスモグラフDaytona参照6239です、最初の「適当なデイトナ」。現在まで、デイトナの完全な名前は、ロレックスオイスターPerpetualコスモグラフDaytonaです。
我々はロレックスデイトナの歴史の残りの部分を残して、未来に飛び込む-奇妙な、魅力的で珍しいリファレンスでいっぱい-あなたに研究し、ロレックスDaytona参照16520にまっすぐになる。近代的な変種' 6桁の数字とは対照的に5桁の参照に注意してください。1988年に導入され、2000年までの生産では、16520はロゼックス4030口径を装備していたので、「520のDaytona」としばしば呼ばれます。そして、ロレックスが異なるエスケープ車輪とhairspringを合わせることによって主に修正されて、そのopを落とすことによって、ZenithEL Primeroの有名な5 Hzから4 Hzまでの周波数の減少1988年以前に、ロレックスCosmograph Daytonasは、手巻き、Valjouxベースの口径を使いました。
2000はロレックスDaytona 116520のデビューを見ました、そして、それとともに、有名なロレックス4130キャリバー、それはもちろん、このレビュー単位の中で打つことと同様にデイトナの最新の、2016の世代です。ダイヤルとブレスレットはまた、2000年頃に変更されているが、これはこれらの以前のモデルの間の比較ではないので、このレビューの16年立っている“スチールデイトナ”に集中しよう永続的に長い待ちリストと成層圏、それにもかかわらず、伝えられるところでは自己の独占性は、それの独占です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ