記事一覧

手塚治虫”生誕90周年”記念。スマートウォッチ「wena wrist」の限定モデルが登場

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

胸を熱くするヒーローがスマートウォッチに。

時間の管理はもちろん、スマホと連動してデータ管理などができる「スマートウォッチ」。日常生活を便利にするツールとしてだけでなく、スポーツやビジネスシーンなどでファッションアイテムとしても活躍するおしゃれなモデルが発売されています。

そんなスマートウォッチのなかから、マンガ界の巨匠・手塚治虫氏の生誕90周年を記念して作られた「wena×90」をご紹介。各モデル200本の数量限定での発売なので、ファンの方はぜひチェックしてみてください。

スマートウォッチとして必要な機能がバンド部分に搭載されたスマートウォッチ「wena wrist」。wena×90はその限定モデルであり、手塚治虫氏「生誕90周年」を記念して作られた注目のスマートウォッチです。

デザインのモチーフは「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」。スタイリッシュなデザインはもちろん、伝統的な機械式時計と最新テクノロジーが融合したつくりが魅力です。

アトムがヘッドの表裏にデザインされた「鉄腕アトム」モデル。バンド部には、さりげなくアトムのシルエットが刻印されています。

また、機械式ムーブメントの搭載機であることを示す「AUTOMATIC」の文字に「ATOM」という文字が隠されているのもポイント。ファンにはたまらない遊び心あふれる逸品です。

マント姿の「ブラック・ジャック」がヘッドの表裏にデザインされた「ブラック・ジャック」モデル。ブラック・ジャックには蓄光加工が施されているのが特徴で、ブラック全体の本体が暗闇でさりげなく輝きます。

各モデル200本限定で発売される「wena×90」。アトムとブラックジャックのデザインが魅力的なのはもちろん、ハイブリッド型スマートウォッチwena wrist としての機能性も備えたおすすめの製品です。

HUBLOT宇汽船表経典融合シリーズ奥林斯基赤いセラミック初回限定版の腕時計

HUSTT 舶来表は明るい赤色 陶磁器を使用してシリーズ オリンギ 赤色 陶磁器 限定版 腕時計を融合させて、こ 時計を復活させます。赤色は情熱と生命力を象徴しており、フランス 有名な芸術家リチャード・オリンギ 首にBorn Wild Crocoule(天性 暴野 ワニ)という彫刻 作品がある。2004年に創作された彫刻作品は、鮮やかな赤を中心に、強烈な視覚的なインパクトを与えている。これにより、赤色はオリンギ 野生動物シリーズ 彫刻作品 シンボル的な要素となっている。

赤は忘れがたい矛盾 色である。それは往々にして2つ 対立 極端な感情を象徴していて、例えば愛と憎しみ、勇気と臆病、矜持と情熱。赤色 ように、腕時計も人々 強い感情を呼び起こすことができる。

宇宙時計は数月前に開催された2018年にバーゼル国際時計ジュエリー展に彩られ、新たなカラフルな陶磁器 材質を成功させ、新たなブランド精神を改めて示した。最初 構想から量産製造まで、こ 先進技術を身につけ、4年を経て研究開発を行った。こ 種 色 陶磁器は材質そ も と製作 流れ 面ですべて全面的に革新を得て、硬度 方面で伝統 陶磁器(伝統 陶磁器 1200 HV 2に比べて、そ 硬度は驚異的な1500 HV 1に達することができる)。中国 舶来表は高温高圧焼結技術を採用し、伝統的な焼制過程を放棄した。こ 完全自主的に開発された新技術は、宇舶表材質工房と開発部門が協力して開発し、陶磁器 材質 技術と美学観念 融合を示している。

世界的に有名な現代芸術家として、2017年からそ 角をはっきりさせたデザインスタイルが宇舶表に溶け込んできた。こ マークには、そ マーク的な立体多切面構造を与え、切面角度とエッジ 微妙な変化によって、腕間 芸術品といえる。こ 卓越した芸術家 シンボル的なスタイルを融合させ、立体感 ある滑らかなラインと放光工芸を優雅に融合させ、彫刻作品 魅力を彩る。

シリーズ 限定版は100枚限定である。こ 腕時計は直径45ミリで、宇舶表に開発された魔力赤セラミック素材を採用している。秒針、カウントダウン 時から、表 殻、表 輪から表を持って、いずれも明るい赤色を採用して、宇舶表とオリンギ 共通 きらきら輝く光が輝いています。時計 背中には、サファイア 鏡面を採用し、自動的に機軸を打つ機械 美しさを一望する。

黒いダイヤル腕時計レビューによる鋼のロレックスDaytona

ロレックスDaytona 116520は、その交換まで、2000年のデビューから、16年以上の間、私たちと一緒にいました。スチールデイトナは、ロレックスが頻繁に取得することは非常に困難なだけでなく、豪華なクロノグラフの間のアイコンを作った珍しい鳥ではありませんでした。私は数週間のために1つを持っていて、それを着ることを始めた後にあまり長くありませんでした。よく熟成しましたか。それはその魔法を保持しているか、その名声は、競争が毎年激しくなったので、それが警備員をダウンさせたことがありますか?私の心の質問の多く、私は答えを求めてオフに設定します。
あなたが友人を持っていない場合は、それがそのように滞在することを確認したい場合は、試してみて、ホテルのロビーの新しいものを満たすか、インターネット上で、すべての時間をすべてのモッキング。あるいは、公共の集まりでしばしばこれらの数字を学びて、それらを使用してください:6239、6240、6262、6269、16520、116520。これらのデイトナ引用のより多くはあります、しかし、これらはしばしば、まともな、楽しい人間をあなたの回りにあまりに多くの時間を費やすことから保つために十分でなければなりません。重点は、その参照について無知であることではなく、合計のダチのようにすべての時間の参照ですべてを呼び出すことではありません。
ロレックスは、少なくとも30年代からクロノグラフを生産しているが、デイトナの歴史は実際に50年代に遡ることができます。ロレックスがいくつかのクロノグラフを作ったとき、彼らは時折想像もつかずに「クロノグラフ」と名付けられましたその点では単なる夢。ロレックスは本当にあなたがこれらの追放されたモデルについて多くを知っていることを望んでいません- 1つのpre - daytonaクロノグラフがそうでなければ本当に全く詳細な歴史ページにあるだけでなく、彼らのプレスオンリーサイトの彼らのまだより詳細な歴史ページの1つでもありません。
要するに、あなたが知っていたいかもしれないいわゆる「PreDaytona」史は、コスモグラフ名ロレックスが1955年という早い時期に登録されていて、1961年に導入されたリファレンス6238(いくつかの源は1963年を言う)であったという事実ですそれについていけ。ロレックスが知ってほしいと思うものは、1963年からのロレックスコスモグラフDaytona参照6239です、最初の「適当なデイトナ」。現在まで、デイトナの完全な名前は、ロレックスオイスターPerpetualコスモグラフDaytonaです。
我々はロレックスデイトナの歴史の残りの部分を残して、未来に飛び込む-奇妙な、魅力的で珍しいリファレンスでいっぱい-あなたに研究し、ロレックスDaytona参照16520にまっすぐになる。近代的な変種' 6桁の数字とは対照的に5桁の参照に注意してください。1988年に導入され、2000年までの生産では、16520はロゼックス4030口径を装備していたので、「520のDaytona」としばしば呼ばれます。そして、ロレックスが異なるエスケープ車輪とhairspringを合わせることによって主に修正されて、そのopを落とすことによって、ZenithEL Primeroの有名な5 Hzから4 Hzまでの周波数の減少1988年以前に、ロレックスCosmograph Daytonasは、手巻き、Valjouxベースの口径を使いました。
2000はロレックスDaytona 116520のデビューを見ました、そして、それとともに、有名なロレックス4130キャリバー、それはもちろん、このレビュー単位の中で打つことと同様にデイトナの最新の、2016の世代です。ダイヤルとブレスレットはまた、2000年頃に変更されているが、これはこれらの以前のモデルの間の比較ではないので、このレビューの16年立っている“スチールデイトナ”に集中しよう永続的に長い待ちリストと成層圏、それにもかかわらず、伝えられるところでは自己の独占性は、それの独占です。